返済方法で選ぶカードローン

カードローンの審査は年々早くなっているのではないでしょうか。
今では銀行系でも審査はスピーディーで即日借りることもできます。
急にお金が必要になった時は、すぐにでも融資してもらったならきっと気が楽でしょう。
お金を借りられるだろうか、もしかして借りられなかったらどうしようと考えるのだけでもストレスになりそうです。
ですが、そんな時でもいくつかのことはしっかりチェックしておきましょう。
そのぜひチェックしておきたいいくつかの事というのは、そのカードローンを利用した場合の金利と返済方法です。

cardloan3
審査に通るかどうかわからないのに、そんなことを考える余裕がないと言われそうなきがします。
ですが、借りるのは即日でできますが、返済は金額が大きくなればなるほど長い期間がかかるのです。
そのことを考えて、金利と返済方法を事前に検討するのは当然のことでしょう。
金利はまとまったお金であればあるほど低くなる傾向があります。
よく利用する10万円から30万円の金利が一番高くなっているのが特徴です。
これは消費者金融だけでなく銀行などでも同じようになっています。
カードローンを利用するほとんどの方は、最初の融資額が10万円から30万円、多くて50万円というのがほとんどでしょう。
つまり、一番高い金利を支払うことになる層です。
ですが、最近は金利の安いところも登場しています。
それに、銀行も借りやすくなりました。
もちろん、金利の低いところが審査が厳しいため、審査に落ちてしまうということも考えられます。
それは困るという方は、自分が審査に通るであろうところの中で一番金利が低いところを選ぶしかありません。
即日融資を受けることができたとしたら、次に考えなければならないことが返済です。
返済方法にはいくつかのパターンがあります。
残高スライドリボルビング方式、リボルビング方式、元利均等方式です。
どちらも今ポピュラーな返済方法ですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。
残高スライドリボルビング方式は、返済額が変動するので気をつけないとうっかり返済できなくなる可能性もあります。
リボルビング方式は、返済額が少なくて済むので楽ですがなかなか完済できないこともあるのです。
これ一度だけで後は利用しないというのなら、元利均等方式が一番良いように思います。
これなら毎月一定額を返済すればいいわけですし、いつ完済できるかがあらかじめ分かっているので計画を立てやすいからです。

Comments are closed.